ブログ

2020年を最高のパフォーマンスで過ごす方法

今年のあなたの成功と失敗を大きく分ける”あること”とは?

新年あけましておめでとうございます。

本年も商売人、ビジネスマン、ビジネスウーマンの仕事や人生に役立つ記事をお届けします。

今日は「2020年を最高のパフォーマンスで過ごす方法」というお話。

今年は東京オリンピックが開催されますね。

少し想像してください。

あなたは陸上100m競技の選手。一次予選、二次予選を突破し、準決勝も通過しました。そしていよいよ決勝のスタートラインに立つ。スタートまであと3分。

あるいはあなたは路上ライブから人気に火がついたミュージシャン。なんと年末の紅白歌合戦で歌うことになった。いよいよ夢に見たステージで歌う2分前。

あるいは今年あなたは画期的な商品を開発した。これから会社の命運を左右する新商品発表会である。

マスコミ、金融機関、取引先を集めた大きな会場で商品についてプレゼンを行う1分前になった。

もし、その場にいるあなたは相当なプレッシャーがかかりますよね。

ここで“あること”を理解しているか、理解していないかが、今年のあなたの成功と失敗を大きく分けます。

その“あること”とは・・・。

今年最高のパフォーマンスを発揮するには?

心理学者のロバート・ヤーキーズとJ・D・ドットソンの実験から下記の図のようなストレスとパフォーマンスの関係が証明されています。

この図から読みとることができるのは次のこと。

A点=ストレスがある方がベストパフォーマンスを発揮しやすい。

点=ある点を超えるとパフォーマンスは落ちる。

陸上00m競技の選手が一次予選、二次予選を突破し、準決勝も通過し、いよいよ決勝のスタートラインに立つ。スタートまであと3分。

この時のストレスレベルは尋常レベルではないはずです。だから、能力がA点に上がり最高のパフォーマンスが発揮されて世界記録がでやすい。

路上ライブからのし上がったアーチストがいよいよ夢に見た紅白のステージで歌う2分前。

この時のストレスレベルも高い。だから普段以上の能力が発揮できてA点に達するのでベストパフォーマンスとなる。

会社の命運を左右する新商品発表会を前にした経営者。関係者の前でプレゼンを行う1分前。

当然、ストレスレベルは高い。だからA点に達して神がかったスピーチで聞き手を魅了することができる。

つまり、人はプレッシャーがある方がベストパフォーマンスを発揮しやすい、のです。

プレッシャーは良くない、というのは正しくない。

ドキドキしたり、手に汗をかいたり、緊張感があってもまったく問題はない。

それらがあったほうがパフォーマンスは上がる。

パフォーマンスが上がる人と落ちる人の差はどこにある?

しかし、B点のようにパフォーマンスが落ちる人がいるのはなぜか?

これは、いわゆる「大舞台で能力を発揮できない人」「本番に弱い人」です。

では、A点とB点を分けるものは何か?

それは認知的不安。

認知的不安とは簡単に言うと

「失敗するんじゃないか・・・」

「やばい、緊張してきた・・・」

「ミスしたらどうしようか・・・」

という気持ちのこと。

ここ一番のシーンでドキドキしたり、手に汗をかいたり、膝が震えてもまったく問題はない。それらがあったほうがパフォーマンスは上がる。これは間違いない。

大事なことはそのことをマイナスにとらえないこと。

「ドキドキしてきた。失敗するんじゃないか・・・」

「汗が出てきた。やばい・・・」

「膝が震えてきた。ミスしたらどうしようか・・・」

ではなく

「心臓の鼓動が早くなってきた!これはいい記録がでるぞ」

「汗が出てきた。ラッキー!最高のコンディションになってきた」

「膝が震えている。よし!身体が臨戦態勢になってきた」

と認識するということ。

このメンタリティがA点とB点を分けます。

ぜひ、2020年はストレスやプレッシャーを感たら

「今日は最高のパフォーマンスが発揮できるぞ!」

と大いに喜んでください。

最高の記録を残す一年になりますよ。

PS..
好評につき現役ブロガーが明かす!ネットビジネス集客ノウハウ の募集締め切りを1月3日24時迄延長決定!

友だち追加

酒井とし夫の出版書籍

増刷6刷りめ「心理マーケティング100の法則」

【紀伊国屋書店新宿本店週間ランキング第1位】
「人生が大きく変わる話し方100の法則」

予算ゼロでも効果がすぐ出る 売り上げが3倍上がる!販促のコツ48

どん底からの大逆転 !

売れるキャッチコピーがスラスラ書ける本

小さな会社が低予算ですぐできる広告宣伝心理術

Follow me!

Pocket

The following two tabs change content below.

米国NLP協会認定ビジネスコーチ 酒井とし夫

年間講演依頼100本超のビジネス心理学講師。書籍は「人生が大きく変わる話し方100の法則」「心理マーケティング100の法則」「どん底からの大逆転」「売上が3倍上がる!販促のコツ48」他/講演実績はパナソニック、ファンケル、山崎製パン、シャープ、富士通や日本全国の商工会議所、商工会多数。講演依頼随時受付中

最新記事 by 米国NLP協会認定ビジネスコーチ 酒井とし夫 (全て見る)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP