ブログ

ご冥福の言葉など要らない!

“ご冥福をお祈りいたします”という言葉は嫌いです

絶好調!累計講演依頼回数1,000本超えのビジネス心理学講師・酒井とし夫です。

先日、ご住職とお話をする機会がありました。

人生で一番長い時間をご住職と一緒に過ごしたかもしれません。

そのせいか、とても身近な存在に感じることができました。

そのご住職は私にこう言いました。

「 “ご冥福をお祈りいたします”という言葉は嫌いです」

よく葬儀の参列者が喪主に対して

「故人のご冥福をお祈りいたします。こんなことならもっと会っておけば良かった」

といった言葉が伝えられます。

もちろん、私も使います。

それは儀礼としてはいい。マナー的な言葉としてはいい。

でも、私も嫌いです。

生まれかわるなら生きてるうちに

長渕剛の歌にこんな歌詞がある。

「もしも人生がやりなおせるのなら
誰も人生を悔やみはしない
だけど人生は一度っきりだから
生まれかわるなら生きてるうちに」
(人生はラララ 長渕剛)

まったくその通り。人生はやりなおせない。

やることがあるなら、生きているうちに行動せねば意味がない。

だから、ご住職も

「私は“ご冥福をお祈りいたします”という言葉は嫌いです」

と言ったのである。

私も

「故人のご冥福をお祈りいたします。こんなことならもっと会っておけば良かった」

と言われると、心の中ではこう思っている。

「じゃあ、一度でも会いに来てりゃいいじゃねえか。お前はいったい何年ご無沙汰していたんだ」

そんな人が多い。
儀礼としてはいい。
マナーとしてはいい。

でもその生き方はダメだと思う。

「もっと会っておけば良かった」
「いつかやりたい」
「時間ができたらやってみたい」
「チャンスがあればやってみたかった」

人は口では何とでも言えるのである。

Actions speak louder than words.

友だち追加

酒井とし夫の出版書籍

増刷6刷りめ「心理マーケティング100の法則」

【紀伊国屋書店新宿本店週間ランキング第1位】
「人生が大きく変わる話し方100の法則」

予算ゼロでも効果がすぐ出る 売り上げが3倍上がる!販促のコツ48

どん底からの大逆転 !

売れるキャッチコピーがスラスラ書ける本

小さな会社が低予算ですぐできる広告宣伝心理術

Follow me!

Pocket

The following two tabs change content below.

米国NLP協会認定ビジネスコーチ 酒井とし夫

年間講演依頼100本超のビジネス心理学講師。書籍は「人生が大きく変わる話し方100の法則」「心理マーケティング100の法則」「どん底からの大逆転」「売上が3倍上がる!販促のコツ48」他/講演実績はパナソニック、ファンケル、山崎製パン、シャープ、富士通や日本全国の商工会議所、商工会多数。講演依頼随時受付中

最新記事 by 米国NLP協会認定ビジネスコーチ 酒井とし夫 (全て見る)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP