ブログ

人前で話すとき声が震える緊張症アガリ症必読の本

■私も人前で話すとき声が震える緊張症アガリ症でした

「また、緊張してアガるかもしれない。声が震えるかもしれない。」
胃が痛い。
心臓はドッキドキ。
人前に出なければならないと夜も眠れない。

顔がコワばる。
声が小さくなる。
のどはカラカラ。

目線は迷子になり呼吸が速い。
手のひらにどんどん汗が出てくる。

アガリ症克服の本やセミナーで学んだけれど効果を感じられない。

人前に立つとやっぱり手はブルブルと震える。
声が震え、目の前が真っ白。
汗が大量に出てくる。

足はガクガク。立っているのもやっと。
顔が熱くなる。
パニックで思考が働かない。

人前で話すといつも自己嫌悪。
そんな自分がイヤでイヤでたまらない。

・・・あなたの悩みの深さと辛さが私にはよく分かります。それは私自身が超のつくほどの極度のアガリ症で緊張症だったからです。

でも、あなたも克服することができます。

なぜなら、極度のアガリ症だった私は今では人前で講師として堂々と話をしているのです。

(左写真の真ん中、右写真の右端が今の私)

そんな私が緊張を克服する話し方や人前で話す時にも声が震えない発声練習法から聞き取りやすい話し方の準備、出世力が上がる話し方、雑談力・会話力が上がる話し方、印象度がアップする話し方までを網羅した下記の新刊本が出版となります。

▼『人生が大きく変わる話し方 100の法則  ボイトレ活用&あがり解消でスピーチが上手くなる

人前で話すとき声が震えることで悩んでいる緊張症やアガリ症の方はぜひお読みください。

Follow me!

Pocket

The following two tabs change content below.

米国NLP協会認定ビジネスコーチ 酒井とし夫

年間講演依頼100本超のビジネス心理学講師。書籍は「小さくはじめる起業の教科書」「人生が大きく変わる話し方100の法則」「心理マーケティング100の法則」「どん底からの大逆転」「売上が3倍上がる!販促のコツ48」他/講演実績はパナソニック、ファンケル、山崎製パン、シャープ、富士通や日本全国の商工会議所、商工会多数。講演依頼随時受付中

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP