ブログ

ランチェスター弱者の経営地域戦略|ビジネス講演会講師・酒井とし夫

利益を増やしたい!!

・・・商売人ならそう思いますよね。

 

では、【利益を生む時間】ってどこにあるか知ってます?
仕事時間は大きく分けると下記の3つの要素から構成されています。

(1)移動時間
(2)社内業務時間
(3)お客様とのコミュニケーション時間

 

この中で利益を生む時間はどれでしょう?

・・・そうですね。
(3)だけです。

 

だから、お客様と打ち合わせ、交渉、プレゼン、セールス、PRや営業時間を増やさないといけないですね。
お客様のところに3日に一度しか訪問しない営業マンと毎日訪問する営業マンのどちらが仕事を取れる確率が高いかというと、それは基本的には後者ですが、その理由は上記の(3)の時間が長くなるからです。

 

そのため、利益を増やしたい!!っと、本気で思うならお客様との打ち合わせ、交渉、プレゼン、セールスとなる時間を増やさねば結果は出ない。もっと、簡単に言うとお客様と接する営業時間を長くすべきだ、ということ。

 

 

 

では、どうすれば(3)の時間を相対的に増やすことができるのか?
それは・・・


移動時間を短くすればいい。

 

だから、ランチェスター弱者の経営戦略では
「特定の地域やエリアに集中してお客様を作りなさい」
と言われるのです。

 

特定に地域に集中してお客様を作ると、移動時間が減る、その結果として
(3)お客様とのコミュニケーション時間が増える、ということです。

 

逆に言うと広範囲にお客様が点在していると(1)や(2)の時間が長くなり、
(3)が減るので忙しいけれど、儲からん!ということになります。

 

さて、あなたの会社はどの時間が一番長いでしょうか?

 

→ 酒井とし夫の講演会詳細
→ 酒井とし夫のウェビナー

▼酒井とし夫新刊「心理マーケティング100の法則」

Follow me!

Pocket

The following two tabs change content below.
年間講演依頼100本超のビジネス心理学講師。書籍は「小さくはじめる起業の教科書」「人生が大きく変わる話し方100の法則」「心理マーケティング100の法則」「どん底からの大逆転」「売上が3倍上がる!販促のコツ48」他/講演実績はパナソニック、ファンケル、山崎製パン、シャープ、富士通や日本全国の商工会議所、商工会多数。講演依頼随時受付中

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP