ブログ

カウンターで薬を飲むオヤジのいる古びたラーメン屋

きっと二人は薬を飲みながら死ぬまでラーメンを作るのだ。

絶好調!累計講演依頼回数1,000本超えのビジネス心理学講師・酒井とし夫です。

ここ数週間、講演出張が続きました。

9/27は新潟商工会議所様からお声がけを頂き、新潟最大の商業見本市「にいがたBI Z EXPO」の特別講演会に登壇しましたが、開演が午前中からだったので前泊しました。

夜、ホテルから出て食事をしようと近隣を歩いたのですが、食事できるところが見当たりません。

ふらふらと歩いていたら「古びたラーメン屋」を見つけました。

もろ昭和チックなラーメン屋です。

もっと厳密に言えば昭和初期風のかなり古びた年代物のラーメン屋でした。

「うーん、大丈夫か?このお店は・・・」

と心配になるくらい古びたラーメン屋。

しかし、食事ができるところが他に見当たりません。

意を決して、私はお店のドアを開けました。

「いらっしゃい」

とカウンターの中から出迎えてくれたのは 80代と思われる店主。

「うーん、大丈夫か?このお店は・・・」

と再び心配になる私。

カウンターに座る。

座ってみると思いのほか店内が明るい。白壁は古いけれどとても綺麗です。

床の油滑りもしません。

真っ白なカウンターはとても綺麗でマメに丁寧に拭かれていることが分かります。油のベトベトした感じは一切ありません。

「ビールと餃子をお願いします」

と私。

「はい、ビールね」

と店主がカウンター越しに渡した瓶ビールをコップに注いで飲む。

めっちゃ冷え具合がいい。

「うまっ!」

と私。

しばらくして餃子が出てきたが、 これがまた旨い。

その後、ラーメンを注文。

出てきたラーメンのスープの透明感が美しい。

透き通ってキラキラしています。

見た目ですでに分かるけれど、そのスープがまぢ旨い。

面は細麺でつるつる。そして天晴れな湯で加減。

しばらくすると店主より年上と思われる従業員が登場。

レジ脇から薬の束を取り出して飲んでいます。

私の想像だけれどおそらくこの二人が中心となって40~50年にわたって、このお店を切り盛りしてきたではないかな。

その間に世の流行はどんどん変わり、ラーメンも「塩」「醤油」「味噌」「豚骨」「魚介豚骨系」「魚介豚骨醤油系」「濃厚魚介系」「つけ麺」「油そば」 etcと変化して、そのたびに新店がオープンしては潰れ、オープンしては潰れていったはず。

その中で人通りも少ない路地裏で店を掃除して、カウンターを拭いて、仕込みをして、スープを作り、麺をほぐして、ビールを冷やして・・・それを40~50年にわたって続けているだと思う。

きっと二人は薬を飲みながら死ぬまでラーメンを作るのだ。

お世辞じゃなくてビールも餃子もラーメンも本当に美味しかった。

常連と思われるお客が次々に店にやってきた。

私はラーメンをすすりながらこう思いました。

「やっぱり商売人っていいな」

生涯愚直。

PS.
■【第二回 11月開催】
才能を生かして愚直に生きる!ビジネス潜在意識活用セミナー
 ↓ ↓ ↓

友だち追加

酒井とし夫の出版書籍

増刷5刷りめ「心理マーケティング100の法則」

【紀伊国屋書店新宿本店週間ランキング第1位】
「人生が大きく変わる話し方100の法則」

予算ゼロでも効果がすぐ出る 売り上げが3倍上がる!販促のコツ48

どん底からの大逆転 !

売れるキャッチコピーがスラスラ書ける本

小さな会社が低予算ですぐできる広告宣伝心理術

Follow me!

Pocket

The following two tabs change content below.

米国NLP協会認定ビジネスコーチ 酒井とし夫

年間講演依頼100本超のビジネス心理学講師。書籍は「人生が大きく変わる話し方100の法則」「心理マーケティング100の法則」「どん底からの大逆転」「売上が3倍上がる!販促のコツ48」他/講演実績はパナソニック、ファンケル、山崎製パン、シャープ、富士通や日本全国の商工会議所、商工会多数。講演依頼随時受付中

最新記事 by 米国NLP協会認定ビジネスコーチ 酒井とし夫 (全て見る)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP