ブログ

名刺の重みがあなたのビジネスの重さ

「人は物理的な体験として世界を理解している。」
(マサチューセッツ工科大学・心理学者ジョッシュ・アカーマン)

つまり人は
「物理的な体験」を通して→「世界を理解」する、
ということ。

 

めっちゃ具体的に言うと
「紙質の薄い名刺で名刺交換をする(=物理的体験)」と
相手は
「あなたの人間としての薄さを理解する(=世界を理解)
ということ。

実際に心理学で次のような実験がある。
被験者はインタビュアーとしてある人物に会って、インタビューしてもらう。
その時に被験者には軽いクリップボードが重いクリップボードかどちらから渡される。

 

すると、被験者は重いクリップボードを持ってインタビューした相手の人物の重要度の方を高く見積もったのである。
軽いクリップボードを持ったインタビュー相手は軽く見られたのである。

人は「物理的な体験」から「世界を理解」する、わけだ。

 

だから、ビジネスの交渉相手も
「物理的な体験」を通して、
「あなたを理解」する。

 

あなたの名刺、資料、営業ツールにはそれなりの重みがあるだろうか?

 

→ 酒井とし夫の講演会詳細
→ 酒井とし夫のウェビナー

▼酒井とし夫新刊「心理マーケティング100の法則」

Follow me!

Pocket

The following two tabs change content below.
年間講演依頼100本超のビジネス心理学講師。書籍は「小さくはじめる起業の教科書」「人生が大きく変わる話し方100の法則」「心理マーケティング100の法則」「どん底からの大逆転」「売上が3倍上がる!販促のコツ48」他/講演実績はパナソニック、ファンケル、山崎製パン、シャープ、富士通や日本全国の商工会議所、商工会多数。講演依頼随時受付中

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP