ブログ

ボーっと生きててもイイヨ

ボーっとしている時にひらめきが生まれるのはなぜ?

絶好調!累計講演依頼回数1,000本超えのビジネス心理学講師・酒井とし夫です。

私は朝起きてボーっとしている時にアイデアが生まれます。

朝食をとるまでに多い時には10枚くらいメモを書きます。

それがセミナーや講演のテーマになることが多々あります。

精神科医の西多昌規先生によるとボーっとしているときのほうが脳はエネルギーを使っているのだそうです。

なんと、その差は意識的に活動している時の15倍になるのだそうな。

たしかに面白いアイデアやひらめきは次のような時に生まれやすいということをあなたも経験しているかもしれません。

・朝の起き掛け
・トイレの中
・お風呂に入っている時
・散歩している時

どれも脳を意識的に活発には使っていませんね。

このような時に意外なひらめきが生まれるのは普段使っていない脳の部位の血流が良くなるからです。

普段、主に使っていない部位の血流が良くなり、そこが活性化するので日常的には想像もしていないような新しい発想が生まれるわけです。

チコちゃんは
「ボーっと生きてんじゃねーよ!」
と言いますが、時には
「ボーっと生きてることもイイヨ!」
ということです。

常に効率を求められる忙しい今の時代こそ、あえてボーっとしている時間が必要なのかもしれません。

そこから閉塞感を突破する思いもよらないブレイクスルーが生まれます。

あなたも、適宜、ボーっとする時間の確保を。

友だち追加

酒井とし夫の出版書籍

増刷5刷りめ「心理マーケティング100の法則」

【紀伊国屋書店新宿本店週間ランキング第1位】
「人生が大きく変わる話し方100の法則」

予算ゼロでも効果がすぐ出る 売り上げが3倍上がる!販促のコツ48

どん底からの大逆転 !

売れるキャッチコピーがスラスラ書ける本

小さな会社が低予算ですぐできる広告宣伝心理術

Follow me!

Pocket

The following two tabs change content below.

米国NLP協会認定ビジネスコーチ 酒井とし夫

年間講演依頼100本超のビジネス心理学講師。書籍は「人生が大きく変わる話し方100の法則」「心理マーケティング100の法則」「どん底からの大逆転」「売上が3倍上がる!販促のコツ48」他/講演実績はパナソニック、ファンケル、山崎製パン、シャープ、富士通や日本全国の商工会議所、商工会多数。講演依頼随時受付中

最新記事 by 米国NLP協会認定ビジネスコーチ 酒井とし夫 (全て見る)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


講演依頼やお問合せはこちら
無職・無収入から講演家になった実話
講演会詳細について
講演会実績
参加者の声
セミナーや個人指導、ビジネス動画
友だち追加

酒井とし夫の書籍











最近の記事

  1. 最短0.017秒

    2019.09.20

PAGE TOP