ブログ

商売人は器用貧乏と多才を勘違いするな

■器用な商売人の陥りがちなワナ

運転中にラジオを聴いていたら
パーソナリティが次のように話していました。

「私はアメリカンスクールに通って、
ずっと子役で役者をやっていました。
大学からデザインの勉強をして、
卒業後はフリーのアナウンサーになり、
今は結婚式の司会をしたり、
セミナーの講師をしたり、
サイトに記事の連載もしています。」

 

それを聞いて私はこう思いました。
「多才ですごいな!」

 

そして、次の瞬間にこう思いました。
「それって何もモノになっていないということで
器用貧乏じゃね!?」

 

そんなにあれこれと手を出していたら
持っているパワー(才能、能力、経験、意欲、時間、コスト等)が
分散してしまいますよね。

 

だって、その人が10のパワーをもっていたとしたら
役者に2のパワー、
デザインに3のパワー、
アナウンサーに1のパワー、
司会に1のパワー、
セミナー講師に2のパワー、
執筆に1のパワー
・・・いった配分になりますもの。

■器用貧乏は経営パワーが分散してしまう

役者の世界にも
デザインの世界にも
アナウンサーの世界にも
司会の世界にも
セミナー講師の世界にも
執筆の世界にも
全力の10のパワーで専心している人がいますから
2や3のパワーでは絶対に勝てません。

 

(ジャン・コクトーくらいの天才ならOKですネ)

 

そうなると
単価の高い仕事が来る可能性が低くなり、
いわゆる
「安い仕事」
しかこないので、
さらに
「あれも、これも」
と、やらねばならなくなります。

 

しかも、
こういう人は紹介のための
口コミが発生しづらくなります。

■商売人は専門特化が基本

保険ならあの人。
リフォームならあの人。
司会ならあの人。
印刷ならあの人。
企画ならあの人。
ワインならあの人。
地元の贈り物ならあの店。
寿司ならあの店。
中華ならあの店。

 

・・・というように
「○○ならあの人!」
と言われるようになれば
営業も広告も販促もほとんど不要ですが
冒頭のパーソナリティさんのように
「何をやっている人か分からない人」
だとこの口コミや紹介が発生しずらいわけです。

 

もちろん、
「あの人は何でもできるから相談してご覧」
という紹介のされ方はありますが、
あなたにもお分かりのとおりたいていこの手の紹介は
”安い仕事”が多くなります。

 

さて、あなたは市場で
「○○ならあの人!」
という認知を受けているでしょうか。

「何でもやってるけど、何をやっているかわからない人」
になっていないでしょうか。

器用貧乏と多才を勘違いしてはいけませんネ。

 

 

→ 酒井とし夫の講演会詳細
→ 酒井とし夫のウェビナー

▼酒井とし夫新刊「心理マーケティング100の法則」

Follow me!

Pocket

The following two tabs change content below.

米国NLP協会認定ビジネスコーチ 酒井とし夫

年間講演依頼100本超のビジネス心理学講師。書籍は「小さくはじめる起業の教科書」「人生が大きく変わる話し方100の法則」「心理マーケティング100の法則」「どん底からの大逆転」「売上が3倍上がる!販促のコツ48」他/講演実績はパナソニック、ファンケル、山崎製パン、シャープ、富士通や日本全国の商工会議所、商工会多数。講演依頼随時受付中

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP