ブログ

緊張症やあがり症を誰にも知られずに克服

緊張症やあがり症を誰にも知られずに克服

極度の緊張症であがり症だった私が100人の前でも話せる理由とは?

以前の私は会社の朝礼やお客様を前にしたプレゼンテーション、あるいは結婚式のスピーチの直前には緊張のあまりトイレでもどしていました。

皆の前に出ると喉が詰まったようになり声が出ず、やっと出した声も震えていました。そして、手もブルブルしてしまうのでお客様のところに伺ってもコップの水やお茶も飲めない有り様でした。

思い起こせば小学校のころからホームルームの時間に皆の前に出て話すと赤面して、声が震えて、からかわれていました。また音楽の時間に行われる縦笛(リコーダー)のテストが大の苦手でした。皆の前で一人で演奏すると緊張してしまい縦笛の穴を押さえる指が震えてしまって演奏ができないのです。

そんな私が今は500人の前で話をしています・・・続きはこちらのサイトでお読みください。

Follow me!

Pocket

The following two tabs change content below.

米国NLP協会認定ビジネスコーチ 酒井とし夫

年間講演依頼100本超のビジネス心理学講師。書籍は「小さくはじめる起業の教科書」「人生が大きく変わる話し方100の法則」「心理マーケティング100の法則」「どん底からの大逆転」「売上が3倍上がる!販促のコツ48」他/講演実績はパナソニック、ファンケル、山崎製パン、シャープ、富士通や日本全国の商工会議所、商工会多数。講演依頼随時受付中

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP