ブログ

ダメな時期は、くさらず、あきらめず、次の種を蒔け

何も咲かない寒い日は、下へ下へと根を伸ばせ。やがて大きな花が咲く

絶好調!累計講演依頼回数1,000本超えのビジネス心理学講師・酒井とし夫です。

商売人は固定給無しの完全歩合制。

だから仕事が無いと給料はゼロ。

不安定の中で希望を持て」でも書きましたが、商売は不安定が当たり前。

打つ手打つ手が面白いように当たる時もあるし、何をやってもダメな時もあります。

ダメな時期に大事なことはくさらないこと、あきらめないこと、次の種を蒔くこと。

私の大切な10年来の友人であるプロ簿記講師の後藤充男さんもつい最近まで停滞していました。

彼は簿記・会計に関する書籍を5冊出版しており、今後の出版契約も18冊確定しています。

そんな彼であっても何をやってもダメな時期があるのです。

でも彼は決してくさりませんでした。あきらめなかった。

次の種を蒔いていました。

なぜ、それが私に分かるのか?

それは彼が

「次はこんなことを計画しています」

「今、こういうことに挑戦してこんな結果がでました」

と何年もの間、折に触れて連絡をくれたからです。

彼は捲土重来を期してずっとコツコツと下記のような動画をアップし続けていました。

簿記や会計を学んでいる人は分かると思いますが、これらは簿記学校の上位クラスで指導する内容です。

後藤さんはこれらの動画を簿記試験の受講生のために数百本アップしています。

するとこれらの動画を見た人から個人指導の依頼や企業から会計セミナーの依頼が入りだしたのです。

▼後藤充男氏の経営会計セミナーの様子

「何も咲かない寒い日は、下へ下へと根を伸ばせ。やがて大きな花が咲く」

これはシドニーオリンピックのマラソン金メダリスト・高橋尚子さんが高校時代の恩師から贈られた言葉。

後藤さんもダメな時期にくさらず、あきらめず、次の種を蒔いて根を伸ばしていたのです。

中小企業の社長には簿記3級レベルの知識が必要だと言われますが、私が知る限り後藤さんの「社長のための簿記の入門の入門セミナー」の講義は日本で一番分かりやすい。

社長の勉強会で簿記を勉強してみようという方は下記サイトから連絡してください。

→ 社長のための簿記の入門の入門セミナー

今日は「ダメな時期こそ、くさらず、あきらめず、次の種を蒔け」というお話でした。

友だち追加

酒井とし夫の出版書籍

増刷5刷りめ「心理マーケティング100の法則」

【紀伊国屋書店新宿本店週間ランキング第1位】
「人生が大きく変わる話し方100の法則」

予算ゼロでも効果がすぐ出る 売り上げが3倍上がる!販促のコツ48

どん底からの大逆転 !

売れるキャッチコピーがスラスラ書ける本

小さな会社が低予算ですぐできる広告宣伝心理術

Follow me!

Pocket

The following two tabs change content below.

米国NLP協会認定ビジネスコーチ 酒井とし夫

年間講演依頼100本超のビジネス心理学講師。書籍は「人生が大きく変わる話し方100の法則」「心理マーケティング100の法則」「どん底からの大逆転」「売上が3倍上がる!販促のコツ48」他/講演実績はパナソニック、ファンケル、山崎製パン、シャープ、富士通や日本全国の商工会議所、商工会多数。講演依頼随時受付中

最新記事 by 米国NLP協会認定ビジネスコーチ 酒井とし夫 (全て見る)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP