ブログ

ビジネスで苦手な相手を克服する法|講演会講師・酒井とし夫

■ビジネスで苦手な相手を克服する法

先日、私にしては珍しく
「うっ!ちょっとこの人は苦手かも・・・」
と感じる人と会いました。

 

そう思った瞬間にこんな考えがパッと頭に浮かんだ。
「この人の良いところはどこだろう?」

 

すると頭と心がフォーカスする先が相手の”苦手”な部分ではなく、
相手の”良い所”に向かい始めました。そして次のように感じました。

「この人は時間に正確な人だ。」
「家ではきっと良いパパな感じがする。」
「着ているものに清潔感がある。」
「メガネのレンズもキレイだ。」
「この体型ということは普段から運動をしてるはずだね。」
「笑うとかわいげがあるね。」

 

そして、結構いいところがあるなあ・・・と
思ったら案外苦手意識がなくなってきました。

 

■相手に対する好き嫌いは単なるクセにすぎない

このように質問を利用して自分自身の
意識がフォーカスする先を変更すると
苦手な相手の克服も容易になります。

 

人間の脳と心は最初に決めたことの正しさを証明するために
能力を使いだします。

つまり、最初に「この人は苦手なタイプだ」と決めてしまうと
それを証明するために脳が動き出すということです。

その結果、相手の人が何を言っても
「やっぱりこの人とは合わない」
と実際に認識するようになります。

 

結局、相手の問題ではなく
自分の見方、意識、フォーカス、フィルター、思い込みなのです。

別の言い方をすると
それは単なるクセにすぎません。

 

相手を変えることはできませんが、
自分の見方は変えることはできます。

 

「あっ!ちょっと苦手かも・・」
と思ったらすぐに自分に問えばいいのです。

「この人の良いところはどこだろう?」

 

→ 酒井とし夫の講演会詳細
→ 酒井とし夫のウェビナー

▼酒井とし夫新刊「心理マーケティング100の法則」

Follow me!

Pocket

The following two tabs change content below.

米国NLP協会認定ビジネスコーチ 酒井とし夫

年間講演依頼100本超のビジネス心理学講師。書籍は「人生が大きく変わる話し方100の法則」「心理マーケティング100の法則」「どん底からの大逆転」「売上が3倍上がる!販促のコツ48」他/講演実績はパナソニック、ファンケル、山崎製パン、シャープ、富士通や日本全国の商工会議所、商工会多数。講演依頼随時受付中

最新記事 by 米国NLP協会認定ビジネスコーチ 酒井とし夫 (全て見る)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP